Top >  水に慣れるために >  蹴伸び(けのび)をしてみよう

蹴伸び(けのび)をしてみよう

形の良いストリームラインが出来ているかを確かめるのは、蹴伸びが一番です。腕や足の動きが入っているとなかなかストリームライン作りに集中できませんからね。


そして形を作ることとともに、推進力を感じてください。良いストリームラインが取れていると思いのほか、スーっと進んでいくと思います。この感触も、のちのちクロールで生きてきます。


蹴伸びにおいてストリームライン作り以外での注意点が2つあります。

1、壁を強く蹴りすぎないこと。
2、ある程度の水深のところからスタートすること。
です。


1、壁を強く蹴りすぎないこと

たくさん進ませようと思いっきり壁を蹴る人を見かけますが、目一杯蹴る必要はありません。強く蹴ればそれだけ水の抵抗が大きくなりますし、スムーズにストリームライン作りに入れません。ちから五分ぐらいからスタートし、徐々に強く調節してみてください。


2、ある程度の水深のところからスタートすること

体を浮かすという意識から、水面際からスタートしてしまいがちですが、少し潜った位置からスタートしましょう。水面際というのは波が立ちやすく、その抵抗で推進力がそがれてしまいます。いわゆる潜水状態まで深く潜る必要はありませんが、少し潜った位置からスタートすれば、水の抵抗はあっても波による邪魔は入りません。気持ちの良い推進力が得られると思います。また、息をある程度吸い込んでおけばゆっくりと浮き上がってきます。ここで、浮くということも感じ取ることができるでしょう。


kenobi.jpg


【注目】  視力の悪いスイマーの方へ ⇒  視力 目を良くする治療のページ

         

水に慣れるために

関連エントリー

水に慣れよう 蹴伸び(けのび)をしてみよう ストリームラインについて


← 水泳 スイミング豆知識 topへ                        このページの一番上へ↑

視力の悪いスイマーへ

当サイトはリンクフリーです。トップページ以外にリンクしていただいても構いません。 相互リンクご希望の方は、当サイトへのリンクを貼った後にこちらからメールください。ご意見などもこちらからどうぞ。

ブックマーク

はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

RSSなど

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加