Top >  クロールの泳ぎ方 >  クロール 手のかき
 (水中での全体の動き)

クロール 手のかき
 (水中での全体の動き)

まず、腕の動きを大まかにつかんでください。
入水したところから、徐々にひじを90度にするように水をかいてきます。細かいところは後で説明しますが、大まかには自分の肩のラインの延長線上を描くような感じで動かしてきます。


腕の動きでよく言われるのが、S字を描くです。かきの前半(頭の辺りまで)は肩のラインよりやや外側をかき、中盤はへそに向かってかくとS字になります。たしかに競技を目的にし、スピードアップを目指すならそういう動きも必要ですが、初心者のうちは基本的には必要ありません。


その理由は2つです。1つ目は、どのぐらいの大きさのS字が最適なのかわかりにくいということです。指導者がいてある程度見てもらえるのなら別ですが…。2つ目は、中盤さえ少し気をつけてやれば、自然とS字になるものなのだからです。


2つ目について少し説明します。これはひじを徐々に90度にしながら手のひらで水をかこうとすると、指先はやや体の内側を向き、手首は外側にある状態になりますよね。この状態ですとかいた水はどちらかというと指先のほうから逃げていきます(手首は壁になってしまうわけですから)。このとき、ぐいぐい力を入れてかくのではなく水圧を感じながら適度に水をかいていますと、その水流と水圧のせいで自然と少し腕が外側を動くようになります。わずかですが、S字の前半部分と同じような動きになるのです。ですから強く意識してS字の動きを作る必要はありません。


これに対して、中盤のへそに向かってかいていく動きは必要です。体の外側に向かってずっと水をかいてしまうと、最初に生まれた推進力が生かされなくなってしまうからです。指先がへその下を通るぐらいまで内側をかければ理想的ですが、自分の体の外側ラインより内側でかければひとまずOKです。かきを内側に向けるタイミングは、かいてきた手が自分の顔の付近にきた時です。


へそ下を通過後このまま位置で手を動かしていきますと、手が太ももの前面に当たってしまいますよね。ですから今度は太ももの側面に向かってかいていくようになり、最後は親指が太ももの側面を触れるか触れないかぐらいのところを通り、手を水面上に出していきます。


以上が水中部分での腕の動きの流れです。細かい点は、クロール 手のかき(項目)編でやるとしまして、ここではもう一点だけ重要な動きを強調しておきたいとおもいます。それは最初にも書いてありますが、かきながら徐々にひじを90度に近づけるということです。


長くなってしまいましたが、初心者の方はまずここで書きました、腕の動かし方の大きな流れとひじを90度にする点に気を配ってみてください。

【注目】  スイマーなら気になるところ ⇒  水着を着るとき ムダ毛の処理は?


今、アットコスメで1番人気の 女性向け脱毛器はこちら↓↓↓



水泳用品を探す


SPEEDO(男性用)  SPEEDO(女性用)  ARENA(男性用)  ARENA(女性用)
スイミングキャップいろいろ  ゴーグルはこちらから  ビート板などの練習グッズ

明るい水着が好きな方や人と違った競泳水着を着たい方は、
ライフガードやトライアスロンをやる人たちに人気の TYRの水着 がおすすめ!

         

クロールの泳ぎ方

関連エントリー

クロール簡単用語解説 クロール 手のかき
 (水中での全体の動き)
クロール 手のかき
 (水面上での動き)
ひじ・肘は90度!?
 (クロール 手のかき)
クロールの息継ぎ
 ブレスについて
クロールの息継ぎ
 ローリングについて
クロールで体が沈む バタ足 クロールで足が沈む


← 水泳 スイミング豆知識 topへ                        このページの一番上へ↑