Top >  クロールの泳ぎ方 >  クロール 手のかき
 (水面上での動き)

クロール 手のかき
 (水面上での動き)

水をかき終えた腕を水面上に出し、前に持ってきて入水させるまでの、いわゆる「リカバリー」の動きになります。

かき終えた腕を水中から抜くときは、ひじから抜くようにしましょう。肘を伸ばした状態で抜くと水の抵抗が大きくなります。またひじを伸ばした状態で腕を前に回そうとすると、腕が頭上に来るまでの間、肩がキツイ感じがしませんか?肩の関節が柔らかい人はそう感じることは無いかもしれませんが・・・。いずれにしましても、肘が上にきて腕をある程度折りたたんだような状態で前に動かしたほうが余計な力は入らず、スピ-ディーに動かすことが出来ます。

肘から抜いてくると、自然とひじの位置が腕の中で一番高いところにあると思います。この状態を「ハイエルボー」といいます。このハイエルボー状態を作りましょうということもよく言われることです。スムーズに腕を前に運べますし、腕の先を大きく回す必要がなくなるためフォームにブレが発生しにくいというメリットがあります。

ただ、このハイエルボーは、最初から最後までキープしましょうということではありません。肘が頭の横辺りにきたら、自然に腕を伸ばしていったほうがよいです。ハイエルボーを維持したままですと腕がコンパクトな状態です。すると入水のポイントが近いところになります。この場合、水をかく距離が短くなってしまうので推進力があまり得られません。ですから入水ポイントは進行方向の先の遠いところの方がよいのです。そのためにはリカバリーの後半は腕を伸ばしていく必要があります。

結局、水中から腕を抜くときに肘から抜いてさえいれば、たいていハイエルボー状態になりますので、あまり気にする必要は無いのかもしれません。逆に、1、ひじから抜くということ。2、後半に腕を伸ばして入水ポイントを遠くにとること。この2点に注意したほうがよいと言えます。

【注目】  スイマーなら気になるところ ⇒  水着を着るとき ムダ毛の処理は?


今、アットコスメで1番人気の 女性向け脱毛器はこちら↓↓↓



水泳用品を探す


SPEEDO(男性用)  SPEEDO(女性用)  ARENA(男性用)  ARENA(女性用)
スイミングキャップいろいろ  ゴーグルはこちらから  ビート板などの練習グッズ

明るい水着が好きな方や人と違った競泳水着を着たい方は、
ライフガードやトライアスロンをやる人たちに人気の TYRの水着 がおすすめ!

         

クロールの泳ぎ方

関連エントリー

クロール簡単用語解説 クロール 手のかき
 (水中での全体の動き)
クロール 手のかき
 (水面上での動き)
ひじ・肘は90度!?
 (クロール 手のかき)
クロールの息継ぎ
 ブレスについて
クロールの息継ぎ
 ローリングについて
クロールで体が沈む バタ足 クロールで足が沈む


← 水泳 スイミング豆知識 topへ                        このページの一番上へ↑