Top >  クロールの泳ぎ方 >  クロールの息継ぎ
 ローリングについて

クロールの息継ぎ
 ローリングについて

息継ぎで顔を水面上に出す際、顔(頭)を持ち上げるようにしないということはお話しました。ではどういう動作をすればよいのでしょうか。


答えは体全体の回転です。首を回して顔の半分ぐらいを水面上に出せばよいのですが、じつは首の回転だけではちょっと体は窮屈です。窮屈な状態というのはどこかに余計な力が入ってしまいます。


これを避けるためには体全体を少し回転させてやるのです。これはローリングと呼ばれている動作です。ただ、体全体を大きくまわそうという意識は必要ありません。具体的には、息継ぎで首をひねるのと同時に、胸の面を顔を上げる方向に少し向けてあげるのです。


注意して欲しいのは、この動きが大きくなると顔が天井の方まで向いてしまい泳ぎにロスが出ます。ですので、あくまで補助的な動きと考えてください。息継ぎ時に、上手く顔を水面上に出せないとき、もしくは首に窮屈さを感じるときに気にしてみる程度でよいと思います。


iki.jpg

【注目】  スイマーなら気になるところ ⇒  水着を着るとき ムダ毛の処理は?


今、アットコスメで1番人気の 女性向け脱毛器はこちら↓↓↓



水泳用品を探す


SPEEDO(男性用)  SPEEDO(女性用)  ARENA(男性用)  ARENA(女性用)
スイミングキャップいろいろ  ゴーグルはこちらから  ビート板などの練習グッズ

明るい水着が好きな方や人と違った競泳水着を着たい方は、
ライフガードやトライアスロンをやる人たちに人気の TYRの水着 がおすすめ!

         

クロールの泳ぎ方

関連エントリー

クロール簡単用語解説 クロール 手のかき
 (水中での全体の動き)
クロール 手のかき
 (水面上での動き)
ひじ・肘は90度!?
 (クロール 手のかき)
クロールの息継ぎ
 ブレスについて
クロールの息継ぎ
 ローリングについて
クロールで体が沈む バタ足 クロールで足が沈む


← 水泳 スイミング豆知識 topへ                        このページの一番上へ↑