Top >  クロールの泳ぎ方 >  ひじ・肘は90度!?
 (クロール 手のかき)

ひじ・肘は90度!?
 (クロール 手のかき)

水をかくときに肘を90度前後にしましょう。

これはクロールの泳ぎ方の本を読むとまず間違いなく書いてある点です。ではなぜ90度なのでしょうか。自分なりにイロイロ試してみたところ、かいてきた水がどう流れるかの水流の点と手のひらだけでなく腕の内側も多少使うことでより推進力を得るという点からやはり90度前後が1番良いようです。

ひじが伸びたままですと水の抵抗が大きくなりますよね。そのわりに腕の部分でかくことができる水の量は少ないように感じます。これは、水がどんどん腕の両側から逃げていくからだと思います。これに対してひじを90度前後に曲げていくときは、動作の始めの頃は水の抵抗が少なく動作に入りやすいです。そして90度前後にひじが曲がったときは、ひじの内側の空間を面で使って水をかいている様な状態になります。ですから水も逃げにくく、また、より多くの面積で水を掻いているため推進力が増すのです。

このとき注意してほしいことが2点あります、まず1点は、入水して早い段階からひじを90度にする必要はないということです。そうしてしまうと水の抵抗が大きいですし、余分な力が入ってしまってかえって推進力にはつながりません。自分の顔の付近~へその付近までが90度であればよいのです。徐々に肘を曲げ90度にしていきましょう。

2点目は、ひじを手前に引くように90度にしていくのではなく、肘を立てるようにするということです。ひじを引くようにすると水の抵抗は少なく楽なのですが、ほとんど推進力が生まれません。これではひじを90度にする意味がなくなってしまいます。

【注目】  スイマーなら気になるところ ⇒  水着を着るとき ムダ毛の処理は?


今、アットコスメで1番人気の 女性向け脱毛器はこちら↓↓↓



水泳用品を探す


SPEEDO(男性用)  SPEEDO(女性用)  ARENA(男性用)  ARENA(女性用)
スイミングキャップいろいろ  ゴーグルはこちらから  ビート板などの練習グッズ

明るい水着が好きな方や人と違った競泳水着を着たい方は、
ライフガードやトライアスロンをやる人たちに人気の TYRの水着 がおすすめ!

         

クロールの泳ぎ方

関連エントリー

クロール簡単用語解説 クロール 手のかき
 (水中での全体の動き)
クロール 手のかき
 (水面上での動き)
ひじ・肘は90度!?
 (クロール 手のかき)
クロールの息継ぎ
 ブレスについて
クロールの息継ぎ
 ローリングについて
クロールで体が沈む バタ足 クロールで足が沈む


← 水泳 スイミング豆知識 topへ                        このページの一番上へ↑